テレビ番組化も近い?! リアル陣取りゲーム Ingress が日本語対応

ホビー・フィギュア・アニメ 情報を見やすく分かりやすくまとめ
ホビー・フィギュア・アニメ まとめネット

テレビ番組化も近い?! リアル陣取りゲーム Ingress が日本語対応

imgres

リアル陣取りゲーム Ingress が日本語対応のニュースです。
同じようなゲームを日本でも開発されたらなと思っていましたが、日本語対応した事により楽しみ方が広がりますね。
今後のプレイヤーのさらなる増加や、このゲームを利用したイベント等も考えられますね。


このゲームをテレビ番組とかでマッチングできるようになれば結構な視聴率を稼げるような気がしますね。
町中でバトルじゃないですけど、近未来的な匂いがただよってますし、番組にプレイヤーとして参加なんて事も夢じゃなくなりそうですしね。


Google傘下のスタートアップ Niantic Labs (ナイアンティック・ラボ) が開発する Ingress は、位置情報を使ったモバイルゲーム。プレーヤーは青か緑かの陣営に分かれ、現実世界の史跡やランドマークを実際に訪れることで陣地として取り合いスコアを競います。

Ingress は昨年 iOS に対応した頃から日本国内で急激にプレーヤー人口が増えており、開発元ナイアンティックによればダウンロード数は世界で2位。ですが、これまではユーザーインターフェースも『お話』もすべて英語ベースでした。

アップデート後は基本的なUIや導入部分が日本語になり、参加の障壁がまたひとつ低くなります。幸か不幸か、音声は今のところ吹き替えられていません


Googleのリアル陣取りゲーム Ingress が日本語対応。日本向けサポートを強化

japanese.engadget.com/2015/03/25/google-ingress/

関連・ニュース

関連・商品

CM